JavaScript表示ができません。

Topics

2016

2016.02.01
LLamasoft, Inc、株式会社セブンゼンコーポレーション
次世代サプライチェーンデザイン分野で協業
~ サプライチェーンデザインソリューションを活用したサービスを展開 ~

株式会社セブンゼンコーポレーション(本社:東京都港区芝、代表取締役 横山 哲/以下セブンゼンコーポレーション)は、LLamasoft,Inc(本社:アメリカ アナーバー州、CEO:Donald A. Hicks/以下ラマソフト)との提携により、ラマソフトが提供するサプライチェーンデザインソリューションを活用したサービスの提供を開始します。

国内外へと広がる商圏に対し、これまでも多くの企業は、物流網の見直し、拠点新設統廃合などサプライチェーン再編に向けたいくつもの挑戦と努力を重ねてきました。しかし、世界経済の動向、中東情勢、中国動向、国内少子高齢化や過当競争など、企業を取り巻く経営環境は激しく変化を続け、サプライチェーンの再編もこれまで以上にスピードが求められています。

ラマソフトは、Fortune®100の50%以上の顧客に、独自のサプライチェーンデザインソリューションを提供する先進的なソフトウェアカンパニーです。ラマソフトが開発、提供するSupply Chain Guru®は、サプライチェーン構造のモデリング及び制約条件を考慮したシミュレーションを簡単に短期間で実行できる点が大きな特徴です。
サプライチェーンの再編に“スピード”を求める企業にとって、非常に有効なソリューションとなると考え、セブンゼンコーポレーションは、ラマソフトのサプライチェーンデザインソリューションを活用したサプライチェーン最適化*)のサービスをスタートしました。

セブンゼンコーポレーションは、SCM改革等の、各種業務改革や、SAP導入サービスなどを提供するコンサルティング会社として2002年に創業しました。
先進的なラマソフトの取組に着目し、2014年からSupply Chain Guru®の導入支援を開始、同じくカナダに拠点を置くラマソフトパートナー会社(ValueInfinity Inc.)と連携し、日本における唯一のSupply Chain Guru®導入実績を持つパートナー企業として各種サービスを提供しております。(2015年12月現在)

今般のラマソフトとの協業により、更なるサービスの強化充実をはかり、サプライチェーンの再編に“スピード”を求める企業に新たな競争力を提供することを目指します。

以上


*)サプライチェーン最適化とは、既存の変数(物流拠点、生産拠点、製品、ベンダー、配送方法等)を所与としたサプライチェーンをモデリングし、既存ビジネスの分析・見える化を図るとともに、サービスレベルやコストを制約条件として、サプライチェーン全体の配置を見直すことを指します。従来のERPやSCPで実装してきた実行系、計画系の上位に位置するサプライチェーンネットワークを対象とする新たな概念として位置づけられるものです。

←一覧に戻る
Copyright © Sevenzen Corporation Ltd.