株式会社セブンゼンコーポレーション

先の見えない時代。
サプライチェーンに光を。

商流パターン増大に伴う
コスト増加と顧客サービスレベル

グローバリゼーションが進むビジネスの世界では全世界に散らばる顧客に最適なサービスレベルかつ最低取引コストを実現したサプライチェーンを実現することが必須条件となります。

サービスレベルをどのように設定するのかは企業戦略の一環であると同時に、エンタープライズアーキテクチャーを既定する重要なキー数値ですが、サービスレベルを満たすために

必要な最適拠点はどこか?最適在庫配置はどうするか?生産計画はどうするか?

と言ったコストに纏わる課題も同時に解決しなければ企業の存続もまたありえません。

長期的生産計画の変動

多品種少量生産の時代、顧客別にカスタマイズされた製品を欠品なく、納期通りに納めることがビジネスに求められています。

需要変動、納期、生産能力、リードタイムをカスタマイズされた製品毎に考慮し、生産計画を個別調整することは担当者の手にあまる業務となりつつあります。

環境変動対応

CO2の排出規制が強化される中、企業活動における排出量の管理が求められてきています。BOMに排出量を設定し、工場別の排出量は算出できる企業も増えてきていますが、ロジスティックスから生まれる排出量はどうでしょうか?

BCP対応

地政学的変動や災害時が発生した際でも、サプライチェーンを止めることはできません。生産拠点や物流拠点が閉鎖された有事を考慮していますか?BCP観点での事前の備えは万全ですか?

サプライチェーンの新潮流

LLamasoft® Supply Chain Guru®